夏だぜサマー!!(まだ梅雨だけど)去年の今頃作って配布したサーフパンクコンピ、ほとんど感想とかなかったので好評だったのかわかりませんが、今年も作ろうかなあと思ってジャケだけ作りました。あとは選曲のみ。

気になる方がいらっしゃいましたらどこかのライヴ会場でお渡ししますのでTwitterとかでご連絡ください。今のところSSCの来日(仙台)とかに出没予定です。でわでわ


土日祝日休みの仕事最高!!来週の小工場さんの企画を観に行こうと思っております。体調とお財布次第ですけど。。Skimmerのツアーキャンセルは残念ですけど仕方ない。またそのうち来てくれるでしょう。

でもでもThe Nerdy Jugheadsが来るし、前回来仙した時行けなかったShort Straw Fateも来る。なかなか珍しい組み合わせですねコレ。あー楽しみだ。観に行けるといいなあ。The Nerdy JugheadsのTシャツ欲しいなあ。



あと、去年の今頃作って配布した(全く話題にならなかった)サーフパンクコンピの余りが少し出てきたので欲しい方居りましたら差し上げます。手渡し出来る方に限ります。今のところ上記のライヴとSSCの来日会場に現れる予定です。


神経症を患ってからなーんもできてない。やる気しない。とりあえず転職したけど仕事以外のことやれてない。治るのかなコレ?

あーつらい。。



上記写真の後ろじゃなくて前のカセットの方です。今回は。

CREATE-ACTiONSというバンドの4曲入りカセット音源。バンド名はThe Decibelsの1stからとったのかな?(上記写真後ろのレコードね)

2016年末リリースで1stプレスは即完売、一部異なる仕様で発売された2ndプレス限定100本はまだ買えるとこあるみたいです。DLコード付き。

某レコ屋さんの某SNSで知ったバンドで、その後YouTubeで「平日サロンの唄」のMV観たら欲しくなっちゃいまして、そしたら県内のレコ屋さんでも取り扱いあることを知りましてさっき買ってきました。

ラフでチープな演奏にのせたキュートで切ない日本語詞が沁みますね。。あ、4曲目の「すべてをあなたに」はThe Wondersの曲の日本語詞カヴァーです。

この前書いたギョ・ビリーズ!もそうですが、最近日本語詞のバンドばかり好んで聴いちゃいます。日本語詞だと何か、ぼーっとしながらでも自然と頭に入ってきて、聴いていてすごく心地よくなれるんですよね。

ああ、そろそろぼくもいい歳の大人(おじさん)なので、仕事帰りにフラッと寄れるような飲み屋を開拓したいです。平日サロンの唄のようなね。




PIZZA OF DEATH RECORDS内レーベルのJun Gray Recordsからリリースの名古屋のXero Fictionの2ndアルバム。

個人的な感想は思ってたよりパンク・パワーポップじゃない(悪い意味ではないです)てとこですかね。いい意味で裏切られたと言いますか、すげー進化してるなあと思いました。

普通にパンク・パワーポップみたいな路線もいいんですけど、そこにニューウェイヴ、トゥイー・ポップ要素を追加したサウンドで更にリスナーの幅が広がるんじゃないかなあ。今作は大きいレーベルからのリリースだしね。新しいJ-POPの一つの形なのかも知れないですねコレ。

Xero Fictionはガールズ・シンセ・ポップの3要素だけでも大満足なんですけど、こういう展開のアルバムもいいなあ。

個人的にはヴォーカルにエフェクトかけたAcross the universeとかたまんないです。もっとピコピコさせてテクノポップ調の曲とか今後出てきたら面白いかもなんて思ったりもしました。

You, wake up!みたいなメロディックな曲は今までのXero Fictionには見られなかった曲で、普段ピザのバンド聴いてるリスナーにもウケそうですね。

Youthfull daysのイントロはちょっとスピッツっぽくね?てなりましたw

あとは、アルバムのラストを飾るAmsterdamですなあやっぱり。1stデモ収録曲の再録で、カヴァー曲だけどコレぞXero Fictionて感じの曲でライヴで盛り上がりそう(ライヴ観たことないけど)。

あ、そうそうアルバムのレコ発ツアーで仙台にも来るそうなのでライヴ楽しみです。